トピックス

トピックスの画像

「ドラえもんトラム」2018年まで延長決定
2015.08.16

高岡駅を出発して射水市まで走る路面電車「万葉線」のラッピング電車「ドラえもんトラム」の運行が2018年まで運行が延長されることになりました。

「ドラえもんトラム」は、ドラえもんの作者である藤子・F・不二雄氏が高岡市出身であることにちなみ、2012年9月に運行が開始されました。
当初は1年の限定運行でしたが、子どもから大人まで、国内外から広く人気を集め、翌年に2年延長され、今回さらに3年の延長が決定しました。

ドラえもんをイメージした青い車体と、「どこでもドア」風な出入り口が特徴的。
車内に入ると、天井にはドラえもん、のび太をはじめ、おなじみのキャラクターたちがタケコプターで飛んでいたり、さまざまな秘密道具が壁に描かれていたりして、外から見ても、中に入ってもわくわくする車両です。

ホテル前の広場にはドラえもんに登場するキャラクターのオブジェがあったり、高岡駅1階待合室には実際にはがきや手紙を投函できる「ドラえもんポスト」があったり、高岡にはドラえもん関連スポットが点在しています。

さらに、12月には高岡市美術館内に「藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー(仮称)」の開設も予定されています。

ぜひ高岡の町で「ドラえもんワールド」を感じてみてください。

dora3.jpgpost4.jpg

このページのトップへ